早漏と女性の本音

 

1. はじめに

 

早漏の男性の多くは女性早漏を嫌うのではないかと心配しています。

日本人の男性のおよそ半分は自分が早漏なのではないかと心配しているという調査結果があります。

医学的な症状としての早漏診断基準1分未満の挿入時間に射精することであり、このような早漏の症状が毎回あるいはほぼ毎回性交をするたびに現れることです。期間としては6ヶ月以上このような症状が続いていることも診断基準に入ります。このような厳密な診断基準に従ってみると、早漏の男性の割合は1%から3%にとどまっている状況です。

2016年にコンドームなどのセクシャルヘルス・グッズを製造しているジェクスが早漏に関しての調査を行なった結果、女性の本音として「相手が早漏だと気にしている人」は9.1%と少なく留まっています。

 

女性の正直な気持ちとして早漏へどのようなイメージを持っているのか、ここでまとめてみました。

 

2. 女性が持つ早漏の男性へのイメージ

 

女性が早漏の男性へどのようなイメージを持っているのか、男性としては気になるところだと思います。日本人の女性は思ったことを気を使って言葉にしない傾向があるので、本当のところ早漏を嫌だと思っても口にしなかったりすることもあるものです。普通、女性たちは男性と違いセックスに関して自ら調査したり研究するような人は少数です。「早漏」や「遅漏」などの用語すら知らない女性たちもたくさんいます。テストステロンが少ない女性はセックスについて考える機会や時間は男性よりもずっと少ないのが実情です。

 

実際のところ、早漏の男性へのイメージは女性の性格や個性、経験や好みによって異なります。早漏で嬉しいという女性もいれば、早漏では物足りないのでもっと長く挿入時間を持続して欲しいという女性もいます。結婚して性行為が面倒くさくなってきている女性にとっては早漏であることは気分が楽になることということもあり得ます。

 

女性に「早漏が嫌」かというアンケート調査を行なったところ「正直早漏は嫌だ」というという女性が半数以上にもなったという結果があります。このような調査結果を見ると、早漏の男性たちは不安になってしまうかもしれません。しかし、「遅漏と早漏を比べるとどちらかというとどちらがいい」という質問に対しては「早漏がいい」と答えた女性の方が多いという調査結果も出ています。遅漏だと長く性交をしなければいけない上に場合によっては射精をすることができない男性もいるので、女性にとっては自分に魅力がないから射精してくれないのではないかと不安になってしまうのです。それに比べると早漏は興奮しすぎて早く射精しすぎてしまうように見えるので女性によっては嬉しく感じる人もいるでしょう。

 

女性の本音としてセックスでしっかりとした愛情表現をしてもらうことが重要です。早漏が一度や二度だと「調子が悪いのかな」と思いますが、毎回だと性的な欲求不満を感じてきます。ですが、「早漏が嫌だから治して」と面と向かってはっきりと言える女性は、熟年カップルなどは別としてそう多くはいないでしょう。アメリカなどの欧米では性に対して日本よりもよりオープンに話す文化を持っているので女性たちはストレートに早漏に対する不満を男性に打ち明けます。

このような状況で真に女性を満足させたいと望む男性ならば、パートナーの女性の方に「早漏を克服して欲しい」と言われる前に早漏を克服する努力をすることが望ましい姿勢でしょう。

 

男性としては早漏で性交をしてしまって実は恥ずかしいし、男としてのプライドがズタズタになっていて、自分自身にフラストレーションを感じていたり、憂うつに感じたりしているのですが、その感情を隠そうとする傾向があるために女性に誤解を抱かせてしまいます射精後の賢者タイムを知らない女性の視点としては「自分だけ気持ち良くなってさっさと寝てしまう自己中な人」だという誤解を招いてしまう原因にもなってしまいます。特に年齢が若い時にはお互いの性の違いを良く理解していないのと、セックスの経験が浅いために自信がないのとで、お互いに誤解をしてしまう可能性が高くなります。

 

早漏の男性の中には、早漏で射精してしまうことを恐れてセックス自体を避けるようになってしまうことがあります。このような場合に、パートナーの女性の方は自分に魅力がないから、あるいは自分のことを好きじゃないからセックスをしてくれないのかなと勘違いしてしまいます。長年結婚生活をしていてマンネリ化している夫婦を除くと、女性は一般的に男性は常にセックスをしたいものだと思い込んでいます。それなのに男性の方がセックスを求めないのであれば、自分に魅力がないものと思い込み精神的に不安定になってしまう可能性もあります。

このような数々の誤解を解くためにも、正直にパートナーに早漏で悩んでいることを打ち明けることは早漏克服のための大切なはじめの一歩となるでしょう。もちろん個人差はありますが、女性は大抵母性愛を持っているので男性が一人で悩んでいることを知ると助けてあげたいと思います。一人で強がり隠そうと他の態度を見せると誤解の溝は深まるばかりです。

明確に言えることは女性は好きな人とだったら愛情がこもったセックスを楽しみたいと望んでいるということです。女性の身体は生物学的にも男性よりオーガズムに至る時間がより長い性質を持っているので、女性を満足させたいのであれば、早漏でなくても前戯をしっかりと行うことが大切になります。女性が快感を感じるようになるまでにはそれなりの時間と労力が必要になります。何も考えずに性交をしてしまうと女性の身体が暖まりだし、やっと気持ちよく感じ始めている時に、男性はすでに射精を済ませて横でいびきをかいて寝てしまっているという状況に繋がってしまいます。

女性の身体何度も続けてオーガズムを感じることができるようにできています。一方男性の身体一度射精をすると次に射精することができるようになるまでに一定の時間がかかりますの性質は。男性たちはこの女性の性的なスタミナを感じとり不安になってしまうと言われています。男性たちはこのような時に性的な焦燥感を感じやすいのです。男性と女性の身体的な違いのために、早漏であることが多くの男性に不安を与え、ストレスを与えてしまっているのです。

女性を満足させたいがために早漏の症状を克服しようと努力しているのであれば女性はそのあなたの努力を知ると嬉しいと思うことでしょう。一昔前の時代などは、女性を満足させるために男性が努力することなどは贅沢な話だと考えられていましたが、オーガズムを女性が求めるということを男性たちが気づき女性の希望に応えようとしていることは良い努力の表れです。努力しているのに早漏で写生してしまう方は、自分の努力だけでも認めてあげて気持ちを楽に持ちましょう。

3. まとめ

早漏は克服することができる症状です。あなたの愛する女性を満足させてあげられるようになるためにも早漏克服に向けて実質的に動き出すことをおすすめします。