Press "Enter" to skip to content

モロッコでアラビア語とフランス語を学ぶ

昨今のイスラム世界の情勢を考えると、
アラビア語の留学は比較的治安の良いモロッコが一番適しているかもしれません。

アフリカでは英語よりフランス語の通用度がよく、
モロッコでもアラビア語の他にフランス語を習う事が出来ます。
ここでは、あまりなじみのないモロッコでの語学留学についてご紹介していきます。

・モロッコってどんな国?

モロッコは北アフリカに位置していて、スペインに近い国です。
イスラム教徒が殆どの国で、戒律もトルコなどに比べると厳しめなようです。
ですが、沢山の観光地があり常に外国人観光客が訪れているため、
観光客にまで全てをイスラム教徒のようにするのは求めていません。
イスラム文化を安全に学ぶ為にはとても適している土地だと言えます。
国土の大部分がフランス保護領だった時期がある為、
フランス文化の影響を受けていますし、フランス語が喋れる方も多くいます。
アラビア語(モロッコアラビア語)とベルベル語が公用語になっています。

物価は日本にくらべるとかなり安いのですが、外国人に対しては少々物価が上がります。
その為語学学校もさほど安くはありません。
ただし、生活費はぐっと抑えられますから、
フランスでフランス語を学ぶ場合よりも安くフランス語留学が可能です。

 

・アラビア語留学

モロッコでアラビア語留学をするなら、首都ラバトが一番手配がしやすいでしょう。
街中ではモロッコでしか通じないアラビア語が話されていますが、
語学学校ではスタンダードなアラビア語を習うことができます。
但しラバトはあまり観光には向いていません。
モロッコでは、現地在住外国人の為のアラビア語コースが各地で開講されています。
例えば、モロッコで一番人気のマラケシュという都市などで、
そういったコースを探す事ができます。
そういったコースでアラビア語を学んでいる方はフランス人が多いようです。
そういうコースを見つける為には、実際に現地に行って自分で情報を集める必要があります。
旅慣れた方にはとてもおすすめなのですが、あまり旅慣れしてなければラバト一択となるでしょう。

・フランス語留学

首都ラバトにはフランス語のコースも存在しています。
前述のとおり、モロッコはフランスよりもずっと物価の安い国ですから、
長期滞在をしてフランス語を学ぶには適しています。
また、モロッコ国内も英語よりもフランス語の方が通じますし、
アフリカ全土がそういう傾向にあるので、
フランス語を学んでいると、モロッコを含めアフリカ旅行がしやすくなります。
因みにアラビア語と同じくラバト以外の都市でもフランス語のコースはあります。
例えばマラケシュでは、
現地のモロッコ人のためのフランス語のコースがありますが、
外国人でも受講可能です。
こういったコースは語学学校よりもかなり格安ですから、
自分の足で学校を探すようなことが出来る方にはおすすめです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です