Press "Enter" to skip to content

南米でスペイン語を学ぶ

スペイン語の語学留学を希望しているなら、
南米でのスペイン語留学なんていかがでしょうか。

スペインで留学する場合とはまた違った体験が出来ますし、
スペインに行くよりは安い場合も多いようです。
土地柄、語学とサルサやタンゴのダンスが習えるものがあり、
ダンスがお好きな方にはおすすめです。

ここでは南米でスペイン語留学におすすめの国を
そのおすすめポイントを混じえながらご紹介して行きます。

・ペルー

マチュピチュなどで有名で、訪れる外国人観光客が後を断たないペルーでは、
スペイン語の語学学校も多く存在しています。
ペルーのスペイン語は中南米の中では比較的きれいな方ですから、
訛りの面で困る事はないでしょう。
マチュピチュなどへの観光と併せてのスペイン語学習をおすすめします。

・アルゼンチン

タンゴがお好きなら、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを習うのはいかがでしょうか。
アルゼンチンのスペイン語は、地域によってはかなり訛っているため、
比較的訛りの少ない場所への留学をおすすめします。
イグアスの滝などの世界遺産が沢山ある国ですから、
観光を兼ねた留学には向いています。
物価は日本とそれほど変わりません。
アルゼンチンの方が若干安いという程度です。

・コロンビア

コロンビアのスペイン語は、スペイン人にとっても綺麗だと人気のスペイン語です。
おすすめポイントはその綺麗なスペイン語を習えるというところでしょう。
語学学校の学費は中米に比べると高いのですが、
大学付属の語学コースは学費がかなり安いようです。
ただし、あまり日本で情報を得ることはできませんから、自分で情報を探す必要があります。
首都ボゴタに語学学校が集中していますが、ボゴタの治安はあまりよくありません。

・チリ

ワインで有名なチリにもスペイン語の語学学校が数多く存在します。
観光地も多いので、観光を兼ねての留学が可能です。
治安は南米の中では比較的良い方です。
ですが物価が高いため、チリに観光で行くわけでなければ、
寧ろスペインに留学しても費用面ではあまり変わらないかもしれません。

・まとめ

中米と比べるとスペイン語留学をするという点に於いては、
物価の面などもありおすすめしにくい南米ですが、
現地の生活に触れ文化を知るという目的であれば大いにおすすめできます。
魅力的な観光地も沢山あるので、
観光をしながら語学を学ぶというスタイルが適しています。
そういった観光地のそばに語学学校がある場合もあります。
但し治安はあまりよく無い傾向にありますから、十分注意して語学学校選びをする必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です